teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re:

 投稿者:hilocoa  投稿日:2013年 9月19日(木)00時27分54秒
  情報ありがとうございます。

http://plaza.rakuten.co.jp/hilocoa

 
 

減少

 投稿者:HAC  投稿日:2012年10月31日(水)10時55分26秒
  電気代の請求は月初めなのにもう月末か・・・って又々なのね・・・


10月請求  61kWh 1685円 先月比9.8%減 昨年比35%減 一昨年比40.5%減

検針期間29日間なので補正すると約64kWhになるがそれでも過去最小記録を更新♪

減っている分は気温が下がって来た事による冷蔵庫の消費電力が減少した事が大きいと思われる。
日照時間の減少と共に太陽光での冷蔵庫稼動時間も減ってしまったが、それ以上に気温の影響が大きいようだ。

その他、リビングテーブルの上に太陽電池で運用を前提とした小型液晶テレビを新設。
食事中などの「ながら」で見るような番組を全てこちらに切り替えた為に大型液晶テレビの使用時間が大幅に減少。
また、思いがけず大食いだった換気扇を必要最小限に止めた事が有るが数値的に現れる程とは思えない。


これから予定だが、少し電気の事は離れて洗面所の壁をぶち抜く!?工事をしようと思ってる・・・
 

銭失

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 9月 9日(日)15時57分56秒
  9月請求  70kWh 1841円 先月比2.2%増 昨年比35%減 一昨年比63%減

今月は検針期間30日間、比較は1ヶ月30.4日として補正後数値。
ホームシアターの稼働時間はそれ程でも無いハズなので気温上昇による冷蔵庫の消費電力増なのか?


中国製の正弦波インバータの作動が怪しい・・・
試しに電動ドリルを繋いでスイッチを入れると、グ・グ・グヮワワァ~ン、と正常回転するまでに1秒近くのタイムラグが有る。
商業電源ならスイッチを入れた直後にグアーと瞬間的に回転する。負荷の変化に対する反応が遅すぎる・・・
一応冷蔵庫で使っている分にはなんとか動いているが非常に心許ない。
これが原因なのかこれまでに冷凍庫の氷が溶けて繋がっていた事が2回。
所詮中国製、一号機は1ヶ月と持たずに故障したし、発火・爆発して無いだけ幸運なのかも・・・・
この状態では心配でおちおち旅行にも出掛けられない。

と言う事で日本製の正弦波インバータを新たに購入。価格は中国製の3倍以上(汗)

組み込み方法を若干変更する必要が有る為まだ未使用だが近日中に切り替え予定。
もう元を取る事は絶望的。しかし最初から日本製にしとくべきだった・・・・
まったく安物買いの銭失い・・・・
 

大食

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 8月20日(月)13時34分25秒
  電気代の請求は月初めなのにもう月の後半か・・・って又なのね・・・


8月請求  73kWh 1899円 先月比1.7%増 昨年比18%減 一昨年比59%減

今月は検針期間32日間、日数の違いが大きいので比較は1ヶ月30.4日として補正後数値。
先月よりも僅かに増えた分はたぶんホームシアターの稼働時間が増えた分だと思う

今、時間をかけて計測中だが大まかに、
我が家の消費電力ダントツ一位が冷蔵庫 全体の半分強
次いで二位がTV、DVDレコ、プロジェクターを含むホームシアター関係 全体の約三分の一
ホームシアターが大食らいなのは分かっているがオイラにとっては無くせない(汗)
三位以降はぐっと離れて各家電製品の数々、多々合計しても二位にも及ばず・・・

ノートパソコンや小型扇風機、スマホ&携帯充電から大半の照明器具は太陽電池化しているので電気代には全く影響しない。

そんな中今日気が付いた意外な大食らいが台所のレンジフードの換気扇・・・
弱90W 強110W 備え付けなので測定し辛くて今まで計ってなかった・・
建物内の空気の流れ方の関係で調理中に換気扇を使わないと風下の部屋に匂いが行って大変なので積極的に使っていたのだが・・・・


先月書いた余剰発電使いきり計画は太陽光充電コントローラーが予想外の動きをした為初期実験で失敗・・・
代替案は有るが時間かかりそう・・・
 

計画

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 7月22日(日)14時21分19秒
  電気代の請求は月初めなのにもう月の後半か・・・


7月請求  65kWh 1713円 先月比1.5%減 昨年比40%減 一昨年比60%減

今月も検針期間は29日間、使用量は減っても電気代は値上げして増えている・・・


その後、仕様変更を繰り返してグチャグチャに成っていた制御装置を新しく作り直しました。
それでも霜取り動作とのタイミングが合わずに調整が完了するまでに一ヶ月以上を要してしまったorz

日々の計測の結果、余剰発電の冷蔵庫消費分は天候により変化し1日当たり0W~最大600W、
平均すると1日約250Wとなりました。
これは自宅の大半の照明等の電力源である独立系太陽光発電のバッテリーの充電が終わった後の発電を無駄にしない為に余剰分を冷蔵庫で使用した分の電力量です。

これにより今まで無駄に捨てていた余剰発電分を大分有効に使えるようになりました。

でも実はまだまだ無駄に捨てている分が有るのも事実・・・
現在余剰発電分を完全に使い切る方法を計画中です。
その為には充電コントローラーを分解改造しなければ成りませんが案外簡単に行くんじゃないかと期待。
上手く行けば冷蔵庫使用分を倍近くに出来るかも!?
 

改良

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 6月 9日(土)12時00分44秒
  5月のGW前に購入したてのインバータが壊れたと書きましたが実はその時に取り付けていた簡易電力計「エコワット」を道連れにしていました。(冷蔵庫が壊れなくて良かった)
特殊ネジが使われていたのですぐには分解出来ませんでしたが工具を購入し分解。上手く行けば修理、ダメでも部品取り(電流トランス欲しい)

内部は予想通りの部品構成。電源が入らないので電源回路を中心に調べると・・・電源用コンデンサが逝っている様です。
しかしこのコンデンサは特殊品で代替品の選定を誤ると非常に危険な部分・・・。
電流トランスだけ抜き取って使おうかとも思いましたが電源回路の途中から外部電源を入れてやると正常作動、計測値も問題無し。これはさすがに勿体無い。
ここで閃きました♪

>>実際にどこまで節電に成るのかは「電源を必要としない積算電力計」を所有していないので残念ながら調べられません・・・。

この簡易電力計が冷蔵庫用自家発電計測に使えなかったのは装置が停止と同時に電源が切れて数値がリセットしてしまう為です。
電力計の電源が外部から取れるならリセットせずに計測出来ます。
しかも調べた結果電源はバッテリーの12Vがそのまま使えます。

と言う事で部品取りも元通りへの修理も止めて冷蔵庫用自家発電専用として復活させる事にしました。

実際に復活させて計測した結果です。

5月30日 380W
 31日 320W
6月2・3日 670W(2日間計)
 4日 440W
 5日 10W
 6日 20W
 7日 340W
 8日 430W

1日が抜けているのは不具合で計測出来なかった為で同等の発電は有ったと思います。
最小単位が10Wなので細かい比較は出来ませんが、雨の日でも多少は動いていたのに驚きました。

それまでは晴天で1日400W程度だと予想していましたが、半日以上曇りの日でも300Wを超えていました。
予想していたよりも成績は良いようです♪


この電力計自体の消費電力は約1W、外部電源化した事により0.6Wに削減♪
しかしそれでも電源を入れっ放しだと1日14W、計測が必要な時間は1日の中では短いのでもう少し工夫をして消費電力を抑えるつもりです。
 

牛歩

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 6月 9日(土)10時56分9秒
  6月請求  66kWh 1712円 先月比15%減 昨年比29%減

昨年比で減ったのは確かだが、検針期間が29日と短い為で正確な日数(12/365)で補正すると先月と全く同じ量になる。


さて電流検知回路だが実はまだ上手く動いていない。
実験室レベルでは全く問題無い。しかし実際の運用状態で上手く行かなければ意味が無い。
ところが霜取り動作が何時のタイミングで始まるのか分からないので困っている。
そのタイミングで装置を監視しなければならない上に、一定以上の日照が有る事が条件なので調整どころか作動確認すら難しい。

随分時間が掛かってやっと分かってきた。
必要なのは霜取り動作の消費電力160W前後のを検出する事。
ところが60W前後の負荷の時にセンサーの出力のピークでそれ以上だと逆に減少してしまう・・・・
センサー代わりのインダクターを変更したり一次側のコイルの変更をしたりと色々弄ってみたが改善しない・・・
商業電源での実験では全く問題無く消費電力とセンサー出力は綺麗に正比例するのにDCACインバータを電源にするととたんに狂ってしまう。
ノイズの多いインバータ電源ではインダクターを使った検出回路では無理があるようだorz

そこでセンサーを電流トランスに変更する事にした。しかし困ったことに電流トランスは横浜では入手困難。
通販も見つけたが部品代よりも送料の方が高い始末。
そこで机の上に転がっていた普通の電源トランスをダメ元で分解改造して電流トランスを作ってみる事にした。
このトランスは洗濯機用風呂ポンプの電源用で先日太陽電池化した時に不要に成り抜き出した廃材。
少々大きくて重いが一次側と二次側のコイルが別々に巻かれているので一次側だけを撤去し二次側はそのまま利用。
出力が飛躍的に大きく成ったので一部回路変更。組み込み・・・とココで日没、テストは今日以降に持ち越し・・・で、今日は一日雨orz
 

発覚

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 5月24日(木)11時57分44秒
  自家発電制御装置は順調に機能して一週間以上♪・・・と思ったら問題発覚!!

冷蔵庫は1日1回?程度霜取り動作を行っているようです。
通常コンプレッサーが作動している時の消費電力は50~70Wですが霜取り動作は150W前後・・・
この時にインバータに流れる電流は15A前後、あっという間にバッテリー電圧が下がって装置停止
ところが晴れてれば充電電流は7A位は余裕で有るのですぐに設定した起動電圧に到達、
結果、起動停止起動停止・・・・
設定電圧を変更すれば対処は出来ますがバッテリー保護の観点からは出来ません。

どうやら霜取り動作は日中の気温が高く、また冷蔵庫の扉の開け閉めが減る時間帯に行っている様です。
当然この時間帯は太陽電池の出力も大きい上に、一番電力を消費する霜取り動作を商業電源で行ったのでは何の為の自家発電なのか分かりません。
そこで霜取り動作の時だけ停止電圧を低めに変更する仕組みを取り入れる事にしました。

計測の結果、霜取り動作中は充電コントローラーの出力とインバータ入力部では約0.2V程の電圧降下が起きていました。
これを感知した時に電圧判定回路に影響させる。
元々の電圧判定回路に使ったオペアンプは1個のICに2個入りで1個しか使っていなかったので余ってた側を使うので比較的簡単です。
早速装置に電流検知回路を組み込み運用開始♪
一応の設定電圧は14.2V以上になると起動、13V以下で停止、大電流検知時は12.8Vまで引っ張って停止。
この設定電圧は現在の充電コントローラの挙動、太陽電池の量、バッテリー容量、インバータの電流等のバランスで決めましたが実際の挙動で変更します。
霜取り動作後はバッテリーは多少減った状態ですが、その後の日照で十分に回復できると判断しました。

製作に手間取ったので実際は翌日の朝からのスタートです。
太陽が上がって充電開始!するとまだインバータが作動していないのに電圧降下判定!?
バッテリーへの充電電流とインバータへの電流と区別出来てませんorz
区別させる方法は有りますが現在のシステムを大きく変更する必要が有り、センサー代わりのシャント抵抗を入ればそれだけ効率は落ちますし・・・
あっという間に撃沈し今度はインバータの出力側のAC電流を検知する方法に方向転換・・・
AC側であればインバータ起動中でなければ電流は流れません。
早速インダクタンスコイルを使った非接触型電流検知回路に変更しました。

今朝からテストしていますが実際の霜取り動作はまだなのでどうなる事やら・・・・
 

制御

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 5月15日(火)11時15分30秒
  5月請求  78kWh 1917円 先月比22%増 昨年比22%減少

検針期間が34日と少し長めですが、冷蔵庫買い替えの影響がモロに出ましたorz

インバータ起動制御装置はバッテリー電圧をシャントレギュレータで発生させた基準電圧とオペアンプで比較してヒステリシス回路で範囲設定、
14.2V以上でON、13V以下でOFFとする事にしました。部品代は高くても300円程度。

回路設計が終わって製作に移ろうとした矢先・・・・正弦波インバータがまさかの故障!!
買ってまだ一ヶ月も経っていません!すぐに販売元に連絡を取ろうとしたのですがGWと重なり交換に二週間も掛かってしまいました。

制御装置は概ね上手く作動しています。ただ困った事に電圧設定が非常に難しい・・・
回路を簡素化する為にオペアンプのヒステリシスを利用しましたが、調整は基準点と範囲設定の2箇所。
それぞれがお互いに干渉する為に例えば上限設定が上手く行ってても下限設定が狂っていたら全てやり直し・・・
しかも困った事に実験電源を使用して調整しても実際にシステムに組み込むと狂ってしまう・・・
システムの電圧は太陽次第だし100Ahを超える容量のバッテリー電圧をテストの為に簡単には変えられない・・・
一応何とか調整は出来ましたがこんなに苦労するならヒステリシス回路は止めてラッチ動作させる回路で作り直した方が後々楽かも知れません。

今回の装置の目的は充電されたバッテリーを温存させた上でこれまで無駄に捨てていた満充電以降の太陽電池の有効利用です。
微妙な電圧調整が必要な理由は、充電コントローラの挙動に影響を与えずバッテリーを温存させる為。
例えば設定が狂って残量80%までインバータを動作させていたとなると毎日その状態で夜を迎えます。
それだけで無く下手をすると日中も100%充電に一度も成らない可能性も出てきます。
バッテリーの寿命を考えた場合にこれは絶対に避けなければなりません。
また、インバータ作動→電圧低下→停止→電圧上昇→作動→・・・・ と繰り返したのではインバータが壊れてしまいます。


装置の実用運転を開始して今日で3日目、昨日は天候に恵まれ8時間以上自動運転し約400Wの節電に成りました。
しかし今日は雨なので恐らく一度も起動しないでしょう・・・
実際にどこまで節電に成るのかは「電源を必要としない積算電力計」を所有していないので残念ながら調べられません・・・。
 

配水

 投稿者:HAC  投稿日:2012年 4月26日(木)11時22分54秒
編集済
  屋上緑化の為の自動散水システムを現在更新中です。
基本的に風呂の残り湯を屋上最上部に設けたタンクに溜めてそこから配管を張り巡らして各場所に配水しています。
更新理由の一つは、配水経路の不備で一度タンクが空に成ると配管の中に空気が溜まって再度タンクに水が入っても流れなく成る不具合が有った事。
もう一つ、これまで各プランターへ24時間フルタイムで水をやり続けていました。
24時間連続なのでポタポタと垂れる程度の水量にうまく制限しています。

ところが夏の暑い盛りに大きく成長した植物ではポタポタの水量では日中に水分が完全に不足してしまいます、
かと言って水量を増やすと夜間に水が多すぎてプランターからあふれ出す・・・
根腐れもしやすく問題でした。

なんとか昼間のみの給水にして夜間は止めたい、しかし市販の水遣りタイマーは一日3時間程度までしか給水できず、3時間だけでは要な水をやるには水圧が足り無さすぎる・・・

そこで長い事適当な電磁弁を探していたのですが太陽電池関連を探して秋葉原を徘徊していてやっと見つけました。
電源は太陽電池で行けます。特に考えなくても夜間は発電しませんから電磁弁も閉じてくれます(笑)
翌朝太陽が昇って電磁弁が開いた時に配管に空気が入っていても順調に水が流れるようにしなければ成りません。
なので今回割りと大掛かりな作業になってしまいました。
今日は雨で作業は中断していますが、もくろみ通りに上手いこと行ってくれると良いのですが・・・
 

レンタル掲示板
/107