teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


昔はまったゲームって、ときどき無性にやりたくなりますよねー

 投稿者:風狂の振り子  投稿日:2017年 2月26日(日)01時18分19秒
  ゲ、ゲホ……昨日今日で月の残業時間が限界ギリギリに……。
ぷ、ぷれみあむふらいでーって接客サービス業にはやさしくないですぅ……。
まあ、後3日は時短時短休みだからいいですけど……。

☆みゃふさん
>シリーズが好きな人ほど5は全くお勧めしないゲームなのでぅw

なるほどー、ワタシもソシャゲはやったことないですけど(ていうかネトゲすらほとんどしてない)。

>ソシャゲと言うことで航海士と船がガチャ。

これは辛いですね……。
いや、航海士は過去のシリーズでもスカウトすることなく存在も知らずに初回プレイを終えたっていうキャラもいるんでまだ我慢できるとしても、船がガチャって……。
そもそも速度を重視するか載積量を重視するか火力を重視するかで自分好みの船にして、さらにアイテムとかで少しずつ強化していってマイ最強の母艦を作るのが楽しいのに……。
それにやったことがない人間の偏見ですけど、ソシャゲの場合やり始めるのが遅いと乗り遅れた感がハンパなさそうですし。

>3は当時存在を知らなかったので手を出していない

ああー、でも3は2や4と比べてストーリー性やシナリオ色がほとんどないですからそれはそれで初めてやると面食らうんですよね。
やることも探検がメインで、なんか行動の自由度が高い探検RPGやってるような感覚になります。
だって、内陸探検もかなりこなさないといけないんでこのタイトルにあるまじき数の陸上戦をしますし、陸戦部隊がかなり重要ですもの。
まあでも副官にロッコがいたら万事OKみたいな感じですが。
たしかに自由度が高い分いろんなやりこみ方ができるんでやりこんだ時間は多いですけど。

>どう考えても過去作をやっていた方が面白いので、過去作をやりましょうw。

……あぶないあぶない、危うくインストールするところでした(前回パソコン買い換えたときに新パソにはインストールしてない)。
でも、実際たまにやりたくなるんですよね。
買い換えたパソコンにインストールしてなくても、セーブデータは旧パソからきっちり移してますし(笑)。
 
 

おすすめはまったくしない

 投稿者:みゃふ  投稿日:2017年 2月23日(木)11時33分39秒
編集済
  ☆ふりりん
>大航海時代はオンラインになる前のⅡ、Ⅲ、Ⅳとかはかなりやってた人間ですから
みゃふもフロッピー二枚組みの初代から始まって(途中で諦めたw)
フロッピー三枚組の2(ジョアン、ピエトロ、エルネストはクリア。他は諦めたw)
ウィンドウズ版の4(システムが面倒で途中でry)
って感じでハマっていたのでぅが(3は当時存在を知らなかったので手を出していない)
シリーズが好きな人ほど5は全くお勧めしないゲームなのでぅw
今までの大航海時代は都市を巡って航海士を仲間にしたり、都市のレベルを上げて船を建造していくわけでぅが、ソシャゲと言うことで航海士と船がガチャ。
そして、航海士は覚醒させなければ前線で使えないため同じカードが4枚必要、船はガチャで手に入るのは設計図なのでぅが、船を建造したらなぜか設計図はなくなり、またガチャで設計図を手に入れないと同じ船を建造することはできないという。
そして、行動力と発掘ポイントというのがあってそれぞれ消費したら色々できないという。
しかも行動力は時間で回復するけど、発掘ポイントは時間では回復せず、航海した距離に応じて回復するというアホ仕様。特に発掘ポイントはメインストーリーでがっつり発掘させられるのにこれという(なお、メインストーリー以外の要素は発掘くらいw)
そして投資で都市レベルを上げると所属している国の同盟港に出来るのでぅけど、その後放置すると都市レベルは下がる上に他の国の同盟港になってたりするとか言う本当に謎仕様。
そして、場所によるけど都市レベルを最大にするのに一番きついところでカンストから7割の金貨を必要とするという・・・。
みゃふもついにやることがなくなって、今日のアプデ待ちなのでぅが、今からは絶対にやめた方がいいのでぅ。
どう考えても過去作をやっていた方が面白いので、過去作をやりましょうw。
みゃふがやってるのは初めてのソシャゲと言うこともあってやめどきがわからないのと惰性。ついでに最後までつきあうかという謎の決意のためなので、パッケージで大航海時代6がでるならすっぱりとやめてもいいくらいなのでぅ。
つーかはよだせやー!
うん、三国志13PKがちょっとやりたいw
そして今日発売のスパロボVなのでぅが、amazonから発送通知がまだ来ないー!?

というわけで大航海時代5はやめておくのでぅ。
本当にこれがナンバリングタイトルじゃなくて外伝的なやつだったら即刻見限ってたのになぁ・・・(というかそもそも手を出していないw)
 

U型さんどうもはじめまして

 投稿者:風狂の振り子  投稿日:2017年 2月23日(木)00時40分17秒
  ☆U型さん
どうもはじめまして。
最近こちらと抹茶に棲息している風狂の振り子といいます。
この掲示板に来てすぐに数年分のログを遡るという無謀なチャレンジをしたのでU型さんが昔こちらでのメインメンバーだったのは知ってましたけど、むっちゃ緊張してます。抹茶での大先輩ですし(←ていうかワタシがもともと気が小さいので)。
いや実際、みゃふさんやPanyanさんをはじめ、NOVさんもG.Wさんもティーカさんも先に抹茶の感想掲示板でやりとりがあったんですけど、こばさんやU型さんはワタシがあっちに出入りし始めた頃にはもうおられなかったので……。
そんな小心者ですがなにとぞよろしくお願いします~。

☆みゃふさん
>おのれ大航海時代5にFFRKめ・・・
>ソシャゲの類いは時間泥棒過ぎる・・・

大航海時代5はいかにもヤヴァそうですよね……。
ワタシって結構最近まで通信速度がかなり遅い環境だったのでネトゲは全然やってないんですけど、大航海時代はオンラインになる前のⅡ、Ⅲ、Ⅳとかはかなりやってた人間ですから、Vは公式のページを見ただけで手を出すと絶対に生活が破綻する自信があります(笑)。
いったん好きなゲームにはまったら、日常生活に支障をきたさない程度に適度に自制するなんて心の強さは持ち合わせてないですもの。
だいいち昔のでもかなりやりこんだのに、オンラインのアップデートで新イベントだの新章だのって、ワクワクするけど絶対に手を出したらあかんやつです(笑)。

ていうかワタシ、抹茶の感想掲示板でもたまに「みゃふさんの小説も読みたいなー」って呟いてるんですけど、ワタシの呟きもnakamiさんの催眠術も効果がないとなると、もはや洗脳装置を使って書いてもらわないと……(←誰が作るんでしょうか(笑))。
 

ゆーゆーだー!

 投稿者:みゃふ  投稿日:2017年 2月22日(水)12時05分2秒
  はい、何も手をつけてないみゃふでぅ(だめじゃん)

年始の挨拶も来なかったゆーゆーが降臨してるのでみゃふもちょっとかきこ
いい加減に書かないとなぁ・・・(言うだけ)

☆ふりりん
>伏臥上体そらし
みゃふも得意でしたでよ。上体そらし。
しゃちほことは言われなかったけどw
記録は憶えてないけど、40cmは余裕でしたでよ。

>ですが、いちファンとしてはみゃふさんの小説も読みたいなー(と、ぼそっと言ってみる)。
あぅあぅ。
言うだけで本当に書いてない・・・
おのれ大航海時代5にFFRKめ・・・みゃふの時間の使い方が悪すぎるんでぅけど、ソシャゲの類いは時間泥棒過ぎる・・・この二つがサービス終了になったらもうソシャゲには手を出さないようにしよう。
やりたいソフトも出てきてるし、もっと時間を上手く使わないとなぁ・・・
 

とても久しぶり

 投稿者:U型  投稿日:2017年 2月21日(火)21時12分15秒
  生存報告がてら、超久々に書きます。
何年ぶりだろう?
実はたまに見てたんだけどなぁ。
ログ漁るのは管理人ののぶのぶに任せよう(久しぶりなのにいつものノリ)
 

ようやく平常運転

 投稿者:風狂の振り子  投稿日:2017年 2月20日(月)00時33分46秒
  このところようやく定時上がりが続いている今日この頃。
定時で帰れたら小説かける♪ と、それだけでちょっとテンションが上がります。
ていうか、2月の前半はこのまま行くと確実に20日すぎには出勤停止くらうというペースで残業になってましたから。
…………でも、まだ労務管理がまともなとこでよかった(←これホント大事)。

☆ティーカさん
>まあ、無為に過ごした時間について後悔なんてしていませんが。

ワタシもです~(笑)。
むしろ、無為に時間を過ごしたことなんかありませんっていう人がいたら、「なんかもったいなぁ」って思うかも。
いえ、それはそれですごいことなんですけどね。
でも、小さい頃からゲームをしていては怒られ、マンガを読んでいていては怒られ、本を読んでる時は怒られなかったですけど読んでる本は勉強とは全然関係ない本ばかり(←必ずブックカバーをして表紙を見られないようにしていた人)。
それでも、後悔なんかカケラもしてないです。
それどころかお話のシナリオやプロット、設定なんかを考えるときにはむしろそういうのが活きてるんじゃないかとさえ思ったりします。

>あー…らう゛らう゛かいやーんなMC小説、書きたい…というか読みたい(おい)

実はワタシって案外らう゛らう゛なのって書いてないんですよね。
ラブコメや結果としてエンディングでらう゛らう゛エンドみたいなのはあっても、なんか違うような……。
でも、思うところがあって今の『馴奴』を書いたら次はいちゃラブ催眠術ものを書いてみたいなー、とか思ってたりします。
 

大人になって分かる、自由な時間の希少価値

 投稿者:ティーカ  投稿日:2017年 2月12日(日)01時10分14秒
  ☆ふりりん
お仕事本当にお疲れさまです。つお茶
大学の頃とか社会人初期みたいな暇な時期は、時間なんて本当に無為に過ごしていたのですが、
一人で自由に使える時間がほとんどなくなってくると、あの時間の有り難みが分かってきますね。
まあ、無為に過ごした時間について後悔なんてしていませんが。
ちなみに私の母は50代ですが、私が家を出てからは執筆活動を含めて色々な趣味に積極的に取り組んで謳歌しています。私も、母のように生きたいものです。意外と人間、気力さえ尽きなければ趣味に没頭できるものらしいです。私の目覚めはドラえもんなので、30年続けてきたMCフェチ、あと20年くらいで興味が失せるようなものではないですからね。

確かにリアルでフェチについて口にする機会なんてなかなかないですね。
私は別に隠しているわけではないですが、MC小説フェチについて知ってるのはリアル相方と友人数名くらいです。自分の根底に流れるどろどろした欲望など、見せられる方も気持ちいいものではないでしょうからね。
SNS全盛期の現在、未だにウェブサイトを続けている抹茶の管理人両名や、ふりりん、みゃふりんのように活動を続けている方々には本当に頭が下がります。

みゃふりんもふりりんも、本当にきちくなのからほのぼのまで、幅広さに感心してしまいます。私はどうしても自分の中の欲望に身を任せると、作風がかたよりがちなので…
あー…らう゛らう゛かいやーんなMC小説、書きたい…というか読みたい(おい)
あ、きちくも好きですw
 

早くお話を書きたい~

 投稿者:風狂の振り子  投稿日:2017年 2月 9日(木)00時53分20秒
  う゛う゛う゛……。
仕事が終わってからおうち帰ってご飯を食べただけなのに、なぜにこんな時間。
『馴奴』も前編を書いたところで仕事の波に飲まれ……。
……この波はあと5日くらいはかかりそうですし。
うう~、早くお話が書きたいよう……。

☆NOVさん
>でも「自分が書いた話」を公開できる(しかもエロ)ってのは、それなりにかなり自意識過剰というか、
> 「WEBの恥はかき捨て」というか、傲岸不遜というか、肥大した自我が出口をもとめて迸る、アッアッ、アーッみたいな。

あー、でもそれって本当にそうだと思います。
まだワタシが10代の終わりの頃に読んだ対談集で、中島らもさんが「小説を書くっていうのは、作家の脳内の妄想をペンキみたいにドバドバ塀にぶっかけて絵を描いているようなもので、自分の頭の中の妄想を敢えて人前にさらす露出狂みたいなもの」みたいなことをおっしゃってたんですよね。
ワタシはすでにその時には小説っぽいものを書き始めてはいたんですけど、その頃はまだその言葉にピンとこなかったんです。
でも、自分がMCエロ小説を書き始めて、「あー、ホンマにそのとおりだなー」ってしみじみ思うようになりましたです(笑)。

特にワタシの場合、エロよりもMCの方がホントにそう思います。
10代の半ば頃にはっきりとそういうのが好きだっていうのを自覚して、そう思って思い返してみればもっと小さい頃から催眠術や洗脳のシーンがあると興奮していた自分がいるので、もう自分にとってMC嗜好がホントにナチュラルボーンみたいな。
でも、MCが好きだなんて迂闊に人前で口にできないじゃないですか(笑)。
それならまだエッチな嗜好の方がつき合いの古い仲間内でなら笑いのネタにしながら口にすることはできますけど、洗脳や催眠、マインドコントロールが好きだって口にするのはさすがにちょっと……ていう。
だからリアルの世界でそんな話はしたことがありませんし、リアルでのMC嗜好友達(って、なにそれ?)はいませんもの。
だからこそ、はじめて抹茶に辿り着いたときのワタシの驚きと喜びたるや……。
で、肥大した自我が出口をもとめて迸り出た結果が今のワタシです(笑)。
リアルの世界では絶対に口にできない嗜好と妄想を自分の中に抱えてきた人間にとって、そういう嗜好を持った人間が集まるのが前提で、そういう妄想をぶちまけても大丈夫な場ってホントに夢みたいな場所ですもの。
……って、それじゃワタシが相当にヤヴァい人みたい(←間違ってはない)。
でも、例えばノクタみたいな場ならそれこそいろんな嗜好の人たちが集まってますから、いわば棲み分けのために自分の書くものにタグ付けが必須ですけど、少なくとも抹茶では「これはMCものです」っていうタグ付けはいらないですし、ワタシはほぼこの嗜好一本の人間なので、例えばTSFやSMみたいな他の嗜好の人たちにそういう場があるのかどうかはわからないですけど、少なくともMC嗜好を持ってしまった人間にとって自分の嗜好や妄想を出せる場所があるっていうのはすごくシアワセなことだと思うんです。
だからそんな場を作って今まで守ってくださってるざくそんさんやabigailさんをはじめ、永慶さんやみゃふさんのような抹茶の作家さんたちにはただただ感謝感謝なんですよね。

……とか言ったらまたみゃふさんがくすぐったい思いをするんだろうなぁ、と思いつつ(笑)。
でも、去年のはじめのみゃふさん神様説じゃないですけど、10年以上も感想を書き続けるってホントにすごいことだと思います。
ですが、いちファンとしてはみゃふさんの小説も読みたいなー(と、ぼそっと言ってみる)。
 

1月も終わりか……

 投稿者:NOV  投稿日:2017年 1月31日(火)02時58分51秒
  あいかわらずの仕事漬けです。
2月も仕事と、仕事じゃないけど頼まれ作業で一月あっという間に終わりそうな予感。

☆ふりりん
>今は次の日が休みじゃないとさすがに無理です

ですですー。
なのに、仕事の合間にネットサーフィンしたり、なろう作品読んだりしているうちに夜があけることは結構ある。
完全に昼夜逆転人生。

☆ティーカたん
>しかし、つくづくふりりんものぶのぶも、ナチュラルボーンライターなのですね。

なんかヤヴァそうな称号もらったぞ?
ってゆーか、ナチュラルにかれこれ1年半くらい何も書いていない、ボーンもしてない非ライターっす。
昨年1月には「シュレーディンガーの彼女」をノクタに掲載したけど、基本ふりりんとみゃふりんの作品ですし。

今年はヒミハコとGGSDをどこかのタイミングで出したい、というのが年の初めの野望でした。
そして1月が過ぎていく。

☆ふりりん
>だって、抹茶でもそうですし、なろうやノクタにも上手な作家さんや面白い作家さんってすごくたくさんいらっしゃいますし。

ですですー。
いや、ホントにね。
「このアイデア、どうやって出てきたんだろう?」とか「こんな緻密な構成、どうやったらできるんだ?」から始まって、
「うわ、この盛り上げ方は凄過ぎる」とか「この文体がたまらない、だが絶対に真似できない」とか、
「この作者の知識量、ハンパねー」とか、「げ、私の書きたかったこと、すでに全部やられてる」とか、
少なくとも途中で投げ出さなかった作品は、(当然ですが)面白かったから読み続けているわけで。

さらに、大長編を完結させるだけの気力、体力。コンスタントに続ける地道さ。
何をとっても、かなわない人だらけなんですよ。

ただ、それでも書いている(いないけど/爆)、書きたいと思うのは、書きたいことがあるからで。
しかも自分が書きたい書き方とか、似たシチュでも「私はこう書きたい」ってのがある気がしますね。

大体、「上手い文章ってのは何か?」って、客観的な指標はきっとそれなりにあるのでしょうが、
それって物語の面白さとはまた別の話のように思えてなりません。

まあ誤字脱字は少ないに越したことない、同じ言い回しが繰り返されない方がいい、とはいえるかもしれないけど、
そんなところに面白さがあるわけじゃないし。

ああ、でも「自分が書いた話」を公開できる(しかもエロ)ってのは、それなりにかなり自意識過剰というか、
「WEBの恥はかき捨て」というか、傲岸不遜というか、肥大した自我が出口をもとめて迸る、アッアッ、アーッみたいな。(酷)
 

そう言えば10代の頃は伏臥上体そらしの数値がやたら良くて、「しゃちほこみたい」と言われた気が……(←遠い目)

 投稿者:風狂の振り子  投稿日:2017年 1月29日(日)00時56分17秒
  ものすごく久しぶりに『馴奴』を書いてます。
よく見たら前回投稿してから3年半近く経ってる……。
だからリハビリがてら軽く、とか思ってましたけど、結局書き始めたらがっつり書いてしまうという……。
やっぱりこのシリーズは手を抜けないし手を抜きたくないんですね。
で、分量も増えていくと……。

☆ティーカさん
>ナチュラルボーンライター
うーん……どうなんでしょうねぇ……?
たしかに、小さい頃から本を読むのが好きで、10代の半ばにはごく当たり前のように「小説を書きたい!」って思うようになって、実際にお話を書き始めてましたけど……。
でも、それで今に至るまでお話を書き続けて、小説を書くことに対して自信があるかっていうと全然ないんですよね。
それは、自分が今まで書いてきたお話は大好きですし、どれもワタシにとって大切な子たちなんですけど、それと自信があるかどうかは別といいますか。
だって、抹茶でもそうですし、なろうやノクタにも上手な作家さんや面白い作家さんってすごくたくさんいらっしゃいますし。
そんなすごい書き手の人たちと比べて、とてもじゃないですけど自分に自信なんか持てないです(←基本的に小心者で属性下僕)。
もしワタシが自信やプライド、承認欲求を満たすためにお話を書いていたら、あっという間に鼻っ柱を折られて書くのをやめてたんじゃないかなって思います(笑)。

だから、基本的にワタシのお話を書くスタンスは「ワタシはやっぱりこういうMCが好き!」とか「こういうMCシチュって書いてみたら楽しそう!」みたいな、自分の好みで自分が楽しめるキャラとMCシチュを書いてる感じですね。
もちろん書く時は常に全力投球ですけど、ある程度自分の思い通りにお話が書けても「まだまだ面白いお話が書けるんじゃないかな?」って思って、他の作家さんのお話を読んで「すごい面白い! ワタシももっともっと頑張らなくちゃ!」って思ったりして、そういうのが次のお話を書く力になっているように思います。
なんて言いますか、逆説的な言い方ですけど自信がないからこそ書き続けることができてるのかな? とは思います。

でも、これは以前NOVさんとも同じような話をしたんですけど、小説を書くのって楽しくもありますけど同時にすごくしんどいことなんですよね。
それは、小説を書くのって楽しそう! っていうだけで手を出すとそうそう続かないくらいにしんどいと思います。
そのしんどさもわかった上で、諸々の大変なことやしんどい作業も全部ひっくるめて小説を書くのって楽しい! とか、それでもやっぱり小説を書くのが好き! って言えてはじめてお話を書き続けることができるんじゃないかと思います。
 

レンタル掲示板
/273